ネットワークモードで日本語チャット(SDL版向け)

投稿者: | 2012年11月20日

SDL版ではGDI版とは違って日本語入力ができません。

GDI版を使いたいけどちょっと重くて無理・・・という人のために方法を用意しておきます。


・サーバー側の設定
iRCサーバーを立てる事でLimechatを使えるようにします。
この際IPアドレスとポートを開放・確認しておくと、クライアント側からの接続がしやすいです。
詳しくは各自検索をお願いします。「iRC サーバー 立てる」で検索すると大体見つかると思います。

simutransの方の設定に関してはWikiを見てください。

一応規格としては名前の先頭に[with iRC]とでも入れておくといいかもしれません。
また、twitter等の告知ではサーバーの概要も一緒にpostしておいた方が利用者の混乱を防ぐ事ができます。

・クライアント側の設定
1,Limechatをインストールします。
設定の方法はどちらでも良いと思います。

2,設定名は何でもいいので、ホスト名とポート番号をそれぞれ記入してください。
ポートの開放は必要無いです。
twitter等で告知されているIPからホスト名を割り出す事ができるので、各自ぐぐってみるといいと思います。
必要最低限の知識はきっちり身に着けておきましょう。

3,ニックネームやログイン名などの必要事項を記入してください。
文字コードは文字化けが発生した場合、UTF-8を選ぶと治る可能性があります。
ISOのままでは恐らく文字化けが起こる可能性が大きいとおもいますが・・・。

4,接続完了。

5,simutransのネットゲームに参加する。
詳しくはWikiを参照してください。

6,完了。

日本語入力ができない時などにはiRCチャットが重宝されたりします。
有名なCounterStrikeでもこの方法を使用しているチームもあったりします。
デメリットとしてはメモリが若干食うところでしょうか、あと接続が弱い時にはラグが発生します。

まぁ色々と開発途中のソフトは面倒ですが、それなりに工夫のしがいがあるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です