simutransとA列車の違い

投稿者: | 2012年11月24日

割りと気になるカテだったりします。

まずA列車の長短といえば、
長所
・グラフィックがリアル
・ダイヤの設定ができる
・3Dでかなり立体的
・インストーラを使って簡単な導入
・企業製なのでトラブルがあった時にも対処がしやすい

短所
・グラフィックがリアルな割に要求スペックが高い
・また3Dなのでハードウェア的にも要求性能が少し高い
・MODが導入できない
・敷居が比較的低い
・コスパがちょっときつめ

そしてsimutransの長短といえば、
長所
・低スペックでも動かせる。98でさえも動かす事が可能
・MODの導入ができる
・自分でパッケージを選んで導入できる(→pak64,pak128…..)
・マルチプラットフォーム

短所
・低スペックであるが故にグラフィックが平面
・ある程度パソコンに詳しくないと導入が難しい
・敷居が比較的高い


ついでに敷居についてのもろもろの話ですが、

まぁ敷居が低ければその分年齢層も低くなりますね。
別にA列車を否定しているわけではありませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です