青海地方開発記part7

投稿者: | 2012年11月27日

拡張したマップをさらに開発。


白神駅から右に伸びる路線を近鉄方式で敷設。

…体言止めをしている意味は特に無いです(´・ω・`)


というわけで開発後は白神駅の待機数が1200程度に増えましたが、容量6万にとってはあまり多くないです。
大きな進歩と表現したらいいのか、それとも小さな進歩だったのか…


というわけで本題ですが、白神駅の右方向に伸びる路線はこんな感じになってます。

東の方にも駅を作りました。
予定している種別は準急、急行、普通、特急ですが、そのうち準急と普通が止まる事にしています。



ひとまず急行の停車駅を・・・という事でもうちょっと駅を敷設しました。
本線から更に支線を分岐させ、さらに車庫も併設させました。
白神を通ってこの駅まで、直通特急が走る予定だったりします。
また、車庫で客扱いせず、さらに折り返して支線の駅から支線の終点まで運行させる事が可能になっています。
しかしながら旅客需要が少ないので実現の可能性はかなーり低いです。

それもそのはず旅客需要が少ない理由といえば、沿線の市町村の数が少ない訳なんですね。

まるで南海の和歌山港線みたいです。

最初の頃は近鉄車両を使っていましたが、運行費が高く、コストが嵩んだために蒸気機関車牽引の客車列車に置き換えています。

もちろん客車も旧型客車というものすごいダウングレードです。
まさに生存戦略ですね。利用者からは顰蹙買われても仕方ありませんが、simutrans世界の住人はアコモには文句を言わないので安心です(?)
まぁ現実であればバス代替になりそうですね、一週間も経たず。


たった一年でここまで稼ぐ事ができました。

肝心な会社名ですが、青海電車という名称に決めました。
どっかの加速度MAXな鉄道会社のイメージがありますが、こちらは最高速度MAXなので心配せず(?)

路線図とか
・青海本線
青海→安芸幸崎→落居→狩留家→笹津→白神
高速規格路線/200km/h
・田清線
田畑→千里→越前薬師→小野→津ノ井
一般規格路線/120km/h
・池田本線
池場→宮の平→田畑→笹子
一般規格路線/120km/h
・青海緩行線
池場→新子安→子安→白市→熊谷→河内笹津→笹津→白神
一般規格路線/110km/h
・白神本線
白神→白神中央→東白神→白神本町→草津
一般規格路線/120km/h(途中から快速線と緩行線に分かれる予定)
・白神本線(飯田支線)
(白神本線)→草津→妻崎→園部→飯田
一般規格路線/100km/h
・草津市内線
草津→草津中央→草津本町→中草津→新草津→草津教会前→草津役所前→元草津→草津大通→草津
路面電車規格路線/90km/h
・名称未定線(計画中)
青海→久下村→越前薬師

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です