simutransに於ける種別考察

投稿者: | 2013年3月10日

旅客アルゴリズムみたいな流動みたいな構造が変わったら使えなくなるかもしれませんが、
気分的に色々考えてみました。

絶対、という事は無いのであくまでも参考にどぞー。

●各停・普通
言わずもがな。ただ本数が少ないと上位種別が混雑する事もある。
一番時間調整が利かない&よく詰まるという点では厄介なところもある。
基本であるが故に上手く本数を調整しないとすぐアンテナが立つ。
成る可く多くの系統に分けると吉。

●快速・通勤快速
快速:準急や急行の補完的なもの。あんまり必要と言う程必要でもない。
通勤快速:快速でも賄えなくなった部分的な処理役。
急行と準急の役目を通勤快速に充て、快速をそのままの運用で行う事もできる。

●準急・通勤準急
快速の代わりによく使う種別。区間運行として各停と織り交ぜるとオイシイ。
運用としては各停とセットの方が楽。

●急行・区間急行・通勤急行
準急の補完的なもの。本来であれば急行が上位でも・・・とは言いたい。
しかし現行(Ver112.1)では先に来た列車に旅客が乗る事が多く、長距離運行を余儀なくされる。
複々線では常に邪魔者扱いされたり、場合によっては誰も乗ってくれない空気椅子的な役割も持っていたりする。

●快速急行
特急だと旅客が多すぎる場合に使う事がある。
急行よりも本数が少なくなりがちなので、急行よりも長い運行になる事が多い。
主に特急系の補完

●特急・快速特急・通勤特急
simutransで最も使われる事が多い種別。故に旅客が多い事もかなりある。
路線によっては各停か特急、という場合も。
駅10~25個につき停車駅は1個という運用が好ましい。
旅客流動が激しい場合は特急形車両で運行する事は諦めた方が吉。

●寝台急行・寝台特急
ほぼ要らない子扱いされがち。
しかし短絡線等を駆使すればかなり利益が得られ、バスの数倍利益が出る。
主に新幹線を通せなかった地域に対して流すと良い感じ。
波動用として座席車かつ同等の性能を有する編成も用意しないといけないのが唯一の難点。

●新幹線
広いマップではカーソルの移動が面倒なので、いくつかのターミナルごとに駅を設けると吉。
あまり停車駅が多すぎるとかえって高速の意味が無くなってしまうので、複線でまかなえる程度かつある程度の速度を持った車両の運用が好ましい。
200km/hを超えつつ定員も800人程度であれば適していると思う。

●エアポート快特
新幹線を通せなかった空港に、ターミナルから一本で行けるように運用を考えるとすぐ流せる。
空港の需要によって編成を考えるのに時間がかかりがち。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です