simutrans的運行本数の考察

投稿者: | 2013年8月20日

実在路線を再現する時にいつもぶち当たるのが「列車アドオンがない!」「運行の目安が分からない!」の2つですね。
今回は運行本数ついて書いてみます。


アドオンに関してはどうしようもありません。というか無いものは作りましょう、としか言えないです。

運行本数、ですが、Wikipediaには一日の運行本数が記載されていたりします。
そして実際に運行する時には距離に応じて本数を決めていくと良い感じ、ですね。

ただ路線の距離に応じた運行本数という点には注意が必要です。

つまり何が言いたいか、というと一日の運行本数を距離に応じていじった数値がsimutrans上で運行する編成の数、になります。

目安と言っても簡単なもので、一日の運行本数を(t)とすると、
0~50km:0.5t
50~100km:1.3t
100~150km:1.7t
150~200km:1.8t
200~250km:2.2t
みたいな感じになります。あくまで私の経験上から導き出した数値なのでちょっとアレですが。
もちろん山手線みたいな路線はギチギチに詰め込んだ方がロマン現実的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です