環状線は効率が悪い? -机上編-

投稿者: | 2014年2月14日

ちょくちょく2chやtwitterで「環状線は効率が悪い!」と言われてますが、はたして本当にそうなのかな?と思います。

現実にある環状線としては日本なら「大阪環状線」、「山手線」がメジャーですが、実は都営大江戸線やおおさか東線(現在は放出~久宝寺間のみ)も含まれていたりします。
実際どのような使われ方をしているのかを考えてみることにします。

※なお、ここでの利便性等の考察はJR線、直通路線のみ含め、地下鉄や路電は含めません。


山手線

loop1
まず山手線ですね。世界屈指の通勤路線であり、ヲタク街の秋葉原とかつての地方都市交通の要衝であった上野があったりします。
普段の山手線は一般的な通勤路線、ではなかったりします。
山手線には基本的に相方みたいな存在がいます。

京浜東北線、湘南新宿ラインの2つですね。
両者とも実質的な快速線の役割があり、たまに快速運転を行っている路線です。
線路別複々線と呼ばれていたりもします。

ちなみにこの線路別複々線、他の路線であれば常磐線北千住~取手など、密度が濃い路線では見かけます。

いわゆる「方向の違う乗客の分散」という効果が期待できることで非常に扱いやすく、混雑の処理では一般的な方法と考えられます。
また、路線も交差するということは少ないので密度を濃くしやすくなります。
列車が詰まることで他の路線に影響を与えることはほとんどありません。

つまり環状線単体での利益は比較的少ないです。乗り換えによる乗客がむしろ多いですね。
初心者にとっては環状路線の外側に付け足すだけなので比較的楽ですが、最終的に環状線での維持費は結構嵩むことになります。

大阪環状線

loop2
いわゆる関西版山手線とよく呼ばれます。しかし山手線よりは輸送量が少なめになっています。
由来もそのまま、通勤路線を丸めたような感じになっています。

乗客の流動も大阪~西九条~天王寺の西側、天王寺~京橋~大阪の東側で大分違う様子となっていますね。
今宮~天王寺は方向別複々線となっており、直通列車がひっきりなしに発着するようになっています。
そして環状線単体で周る列車はそれほど多くはないです。
というか実質紀州路快速が京橋まで行ったり、大和路快速が大阪から天王寺まで行ってそのままぐーるぐるということもあるので比較的めんどくさいです。

環状線単体のみで十分な利益を得、なおかつ乗車駅と降車駅の間の乗り換えが比較的少なくなります。
ゆえに直通を多くしないと全く利益が得られず、という結果になります。
結局直通列車が大半となり、環状線単体での列車はそれほど多くは無くなるという感じですね。

一度詰まるとその遅れは終電どころか乗り入れ先などを通じて小田急電鉄にまで遅れが波及してしまうことも多々あります。
若干上級者向けで、運用も比較的練りこまないと難しいですね。
うまく使いこなすことができれば変幻自在の路線と化し、乗車率が常に60%以下で超ドル箱路線となる可能性はあります。

おおさか東線

loop3
なぜわざわざこれを出したか、理由は単純です。
敢えて不完全な環状線で小規模単位の地域をカバーしていくことで中心部に流動していく旅客を捌けるようになります。
複々線である必要も少なく、なおかつ中心部での混雑を減らせるというメリットがあります。

が、建設するとしても収益が見込めなければ当然後回しになってしまいます。
ゆえに建物が建ってしまった場所などを撤去する時に莫大な資金が必要となります。

また、後述の大江戸線タイプと組み合わせることで超巨大な環状線を作り上げることが可能になります。

都営大江戸線

loop4
環状線としては非常にトリッキーな部類に入ります。
あえて都心から中心を外すことで新たな需要を生み出せます。

既存の環状線をカバーしたり、都心とピンポイントでつなぐ路線を絡めたりと応用が効きます。

しかしメリットの割にはここまでする必要も無い場合が多いです。

デュアルタイプ環状線

loop5
現実にはない、新しいタイプの環状線です。
山手線と大阪環状線を半分で割ってくっつけたようなタイプとなります。

北半分が方向別複々線、南半分は線路別複々線という風に分けることで直通と混雑解消が同時にこなせるようになります。
山手線の巣鴨や高田馬場あたりから高崎まで快速が一気に飛ばせたり、大阪環状線の天王寺から神戸まで一気に飛ばせるようになったりもします。

しかし負担の割に面倒かつ複雑になってしまうのが最大のデメリットとなります。


以上5タイプの環状線を述べてみました。
他にもいくつか異なったタイプの環状線は思いつくと考えられますが、世界中の現存する環状線であれば基本的にこの5タイプに収まる可能性は大です。

基本的に山手線タイプの環状線がよく見られがちですが、他のタイプの環状線も見てみるとsimutransで新しい運用方法も出てくるのかなと思います。

結論

場合によって使い分ければそれなりに使える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です