FRISK NEO グレープ味・じゃが味+(plus)を買って食べてみた

投稿者: | 2016年5月2日

2年ぶりに食レポです

P1020295
P1020295 posted by (C)まんちぇ
まずじゃが味+から。

コイケヤから発売されている、所謂「味が変わる」もの。
間違えてはいけないのがポテトスナックという点。つまり消えちゃうキャンディのように自然に味が変わることはない。

付属のパウダーを使うことで味を変えるとのことが蓋の裏に記述されているが、パッケージの表面にはその事が描かれていない。
下手すりゃ詐欺である。
また、チーズ味とは言えども塩気が多めで「これ本当にチーズか?!」と思ってしまう。

味を変えるにはパウダーをかけてパッケージを振る必要がある。
マクドナルドのシャカシャカポテトと同じようなスタイルなので特にあれこれという事はない。

ティラミス味をうまい具合にするには半分ぐらい食べてからじゃないとダメ。
今回は1/3ほど食べてからなので少し物足りない感じだった。
…と言いたいがパウダーもポテトに付きにくい仕様らしく、食べ終わった後の容器には大量にパウダーが残っていた。
完食後にパウダーだけ食べてみたが、やはり塩気とティラミスは合わない。無茶だ。

ということでじゃが味+を食べる方は少し身構えてください(


P1020296
P1020296 posted by (C)まんちぇ
次にFRISK NEO グレープ味。

一言だけ言おう。非常に美味である。

フリスクにつきものであるスースー感がなんとこのフレーバーでは控えめ。
まずパッケージを開けて匂いを嗅ぐ。するとグレープ味とすぐに分かる、あのにおいがする。
メントスやハイチュウでは味わえない、においでも食べられるフレーバーに仕上がっている。

味はスースー感を抑えているのも相まって、かなり美味しい。油断をするとすぐに食べきってしまいそうなぐらいだった。
NEOの中ではかなり上位ランクでプレミア感のあるフレーバーだった。

FRISKにしては珍しく味方面に特化したフレーバーなので、スースー感が苦手な方でも充分楽しめると思われる。
値段は従来と同じく300円ほどで、黒パッケ(ブラックミント味)の200円よりは少し高いが、実際には500円ぐらいの差があるぐらいのおいしさ。

個人的にはパッケージもコレクター感があふれるNEOなので、今後も推していきたい。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です