環状線は効率が悪い? -机上編・焼き直し-

投稿者: | 2017年3月20日

以前書いた記事の焼き直しです。
ver120対応。


現実にある環状線としては日本なら「大阪環状線」、「山手線」がメジャーですが、実は都営大江戸線やおおさか東線(現在は放出~久宝寺間のみ)も含まれていたりします。
実際どのような使われ方をしているのかを考えてみることにします。

※なお、ここでの利便性等の考察はJR線、直通路線のみ含め、地下鉄や路電は含めません。
※また、simutrans上での考察です。現実の旅客流動とは異なります。


山手線

loop1
青線が京浜東北線、緑色が山手線、オレンジが湘南新宿ライン・横須賀線です。

日本で「環状線」といえば山手線です。言わずもがな。
もともとはのの字運転を行っていたものが環状運転となったもの。

山手線単体でも充分のドル箱路線、ですが京浜東北線や湘南新宿ラインなどの周囲の路線の旅客の量も半端ないです。
京浜東北線や湘南新宿ラインは快速運転を行って速達性を確保しています。
そのため山手線と他の路線は線路別複々線と呼ばれる「路線・系統ごとに分かれた線路を走行」しています。

いわゆる「方向の違う乗客の分散」という効果が期待できることで非常に扱いやすく、混雑の処理では一般的な方法と考えられます。
また、路線も交差するということは少ないので密度を濃くしやすくなります。
列車が詰まることで他の路線に影響を与えることはほとんどありません。

しかし、速達性のある路線に旅客が流出してしまうため、単体での利益はあまり望めません。
序盤では利益が得られないことからおすすめしにくいタイプとなっています。
線路を設置する際も敷地を多く取り、建物撤去時の費用も意外と痛いです。
最終的には環状線単体での輸送力の確保と、大きな敷地を取ることから輸送力過大になりやすいです。

ver120以前から「旅客が目的地に到着する列車に優先的に乗る」ことから、中央・総武線のような路線にも乗るようになりました。
そのため環状線自体の利益が大きく減る可能性があります。

大阪環状線

loop2
オレンジは京都・神戸・宝塚線、緑色は大和路線・阪和線、青色は学研都市線
いわゆる関西版山手線とよく呼ばれます。しかし山手線よりは輸送量が少なめになっています。

路線の成立は山手線よりも遅く、経緯も色々な路線をくっつけて出来上がりました。
敷地は少ないため、複々線区間は新今宮(実質今宮)~天王寺と山手線に比べて非常に短いです。
現実では関空・紀州路快速や大和路快速が阪和線・大和路線に直通しており、関空特急はるかや特急くろしおが走っています。

環状線内の需要も捉えつつ、各直通・連絡路線からの需要も同時に満たすことができる路線となっています。
乗り換え回数も少なく済むため利便性もそこそこ良いです。
敷地も複線分のみで済むため、さほど維持費はかかりません。むしろ需要さえ満たせば儲かります。

ただし直通列車の割合が多くなるため、環状線単体の輸送力は大幅に減ります。
直通→直通→環状→環状→特急…のようなダイヤ組成が比較的難しいものとなっています。Extend版では更に難しい。
現実でも阪和線などの直通路線によってダイヤが乱れるのと同様に、どこか一つの路線が詰まると一気に被害が広がってしまいます。
一度詰まると億劫なだけで、詰まることのない配線をするのにも少し苦労が要ります。

旅客の仕様変更から、周辺に別の路線がない場合は各駅の旅客発生度が更に大きくなる恐れがあります。
NSなどでは輸送力不足の対策が必要かもしれません。

おおさか東線

loop3
オレンジ色が京都・神戸・宝塚線、赤色が大阪環状線、青色がおおさか東線、緑色が大和路線
関東では同様の路線に武蔵野線や南武線などの東京メガループなどがあります。

路線の成立は買収私鉄、または元貨物線が大半です。
基本的に全線複線です。
現実でもたまに貨物が走っているなど、貨客両方で重要な役割を持っています。

基本的には環状線の迂回ルートや地域の発展に伴う旅客需要の獲得が目的になっています。
乗り換えや利便性はあまり考慮されていません。

厳密には”準”環状線であるため、大阪環状線・山手線の両方のメリットを汲んでいます。
また、途中で運用を分けることも容易で、輸送力をとことん増やすことができます。

デメリットはこれといったものがありません。
ただし、需要がない路線では連絡して乗ることが少ないため、路線単体でいかに利益を出すかが課題になります。

都営大江戸線

loop4
緑色が山手線、紫色が大江戸線
環状線としては非常にトリッキーな部類に入ります。

線形としてはメガネのようになっており、レンズをつなぐ線があるのが独特です。

しかしメリットとしてはロマン以外はなく、単純に環状線にヒゲが生えた程度と苦労の割に儲かりません。

デメリットはとにかく運用が面倒です。そして配線も面倒とダブル面倒な状態。でもロマン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です