2018/09/12

投稿者: | 2018年9月13日

最近、自宅pcのキーボードを触って気づいてました。
安物は侮れない。


メーカー品の購入ではなく自作した場合、キーボードは当たり前ですが付属しないので自分で買う必要があります。
ゲーミングキーボードも良いんですが、1万以上と高いです。かといってHHKBのようなhaccccccccccccccccccccccer向けgeeeeeeeeeeeeeeek向けなキーボードもクッソ高いです。2万円以上します。
realforceもそんな類ですね。ショップではよく触るので感触もよく知ってますが、何だか使いにくい。

そこで安価なキーボードを敢えて選んでみようと思いつつ適当にショップを散策したら、
大手メーカー品の払い下げなのか超格安のキーボードを発見。
1000円以下というこれまた曰く付きに限りなく近いようなもの。いつもなら買わずにスルーです。
店頭に適当に放ったらかしにされていたので適当に触ってみると、これまた大手メーカー特有の異常なまでに使いやすい感触でした。

…とここまでの流れで買ったキーボードがちょうど一年ぐらいが過ぎたので改めて感想でも。

1000円以下で買ったブツですがなかなか高い耐久性を持って”いた”のもあり、なかなか良い打ち心地を維持してくれてます。
たまには安物を買っても良さそうですね。今後の参考にでも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です