青海電車シリーズ(メーカー仕様、コンベンションモデルなど) †

青海電車のF系列として採用される前の段階の車両達

川並重工(KN) †

川並重工900型----/--/--
実験室で公開中
暮方鉄道1000系の更新工事時の製法試験用に700系から改造されたもの。
110km/hと130km/hをスイッチで切り替えが可能など、画期的な機能を有していた。
この車両の製造以後、川並重工は青海電車により買収されたのちMH Heavy Industrialsへ組織が変更された。

宮津工機(MY) †

XF2000系など----/--/--
青海電車通勤形増備セットに付属
青海電車通勤形増備セットに付属。XF2000、XF2500、XF3000の3種
XF4000系----/--/--
XF3000系の後継を目指す車両として設計。
通勤型初のプラグドアを目指していたが、コストの問題で製造を断念。
Type-Com----/--/--
XF4000の後に設計されたとあるが、詳細は不明。
設計書には地下鉄向けとあるが…?
XF5000系----/--/--
次世代型通勤電車を目指し開発された。

和賀車両(WG) †

WG8000公開日
画像対応ver添付先
説明文

東久谷設計局 †

HKMm公開日
画像対応ver添付先
東久谷設計局の車両。
17mステンレス構造の4両編成を目標に設計されたが、会社の資金不足のため製造できず。

寺上車両(TR) †

†